ニュース&トピックス

2016/04/19

イースター礼拝

4月18日(月)イースター礼拝が行われました

説教者:古澤啓太牧師
    日本キリスト教団 神戸東部教会牧師(41期卒業生)
説教題:「幸せを見つける」
聖 書:ヨハネによる福音書20章1~18節
賛美歌:333番


イースターについて()

 イースターはイエス・キリストの「復活」を祝うお祭りで、キリスト教会が最初に祝うようになったお祭り・儀式と言われています。
 聖書ではイエスは金曜日に十字架にかかり死に、そして日曜日の朝に復活された、と記されています。最初期の教会はイースターの時にだけ洗礼の儀式を行っており、洗礼を受け新しく教会のメンバーになった人たちが白い服を着ていたことから、イースターからの一週間を「白い一週間」とも呼んでいたそうです。
 イースターは毎年違った日にお祝いします。日付が変わる”移動祝祭日”で「春分の日の後の、最初の満月の次の日曜日」と定められています。これはユダヤの祭りである「過ぎ越しの祭り」の日、もしくはその前の日にイエスが十字架にかかったとされているために、ユダヤの「過ぎ越しの祭り」にあわせて祝うようになったからです。


一覧へ戻る